« 遭遇 | ホーム | 残滓 »

2012年8月14日

少年

額に流れる汗も拭かずに夢中で遊んだ夏休み。 家に帰ると冷えた西瓜と扇風機。

沢山の宿題は憂鬱だったけど夜空に咲く大輪が全てを忘れさせてくれた。

そんな日々は走馬灯のように過ぎ行き、ふと気が付けばあれだけいた蝉は入道雲と消えていた。

かわりに一匹の赤蜻蛉。  飛び去る姿につられて空を仰いで見えた煉瓦建て。

吹く風に「やあ」と秋の声が囁きました。



daisel2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gend.jp/mt/mt-tb.cgi/80

コメント(2)

詩、素敵です。
夏ももうしばらくしたら終わりですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、jo-yが2012年8月14日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遭遇」です。

次のブログ記事は「残滓」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。